カードローンに対して変わって来た印象

カードローンは消費者金融が扱っている商品だと思っていたから、近年のテレビCMで見かける銀行カードローンはものすごく意外に感じます。ただ、銀行でもカードローンを扱うようになったということで、カードローン商品自体への抵抗意識は薄れているのかもしれないとも思います。

 

昔はカードローンというと、とにかく借金だというイメージだけで抵抗を示す人もたくさんいました。ただ、その裏にはカードローンに対して「サラ金の商品」という認識があったと思います。この根底部分が覆されたことで、カードローンも使い方次第、借入先次第で善良な商品であるという認識が広がってきたのではないでしょうか。

 

実際、カードローンの善し悪しは使い方次第で大きく変わると思っています。きちんと計画的に使うことが出来て、返せる範囲で順当に返していければとても良い商品だといえますよね。